テトリストの【テトラ前打ち】テトラでの【チヌ前打ち】あれこれ解説!第1回はテトラの魅力!

まいどです!

これから何回かに分けて私がチヌ釣りにハマったきっかけとなるテトラでのチヌ釣り。
「テトラ前打ち」
のタックルや釣り方などあれこれをご紹介をしていきたいと。。

いわゆるテトラ前打ち、超前、際穴と呼ばれる釣り方で、
落とし込みと言うジャンルの中でもマイナー??です。
テトラと言うヘビーな障害物での釣りなのでリスクも高いですが、
やってみるとそんなリスクは気にならない(私だけ?)スリリングでかなり面白いです!

パワフルなロッドと太いラインでのチヌさんとのパワーファイト。
柔らかいロッドと細いラインでの釣りの対極の釣りですが。。
そんなパワフルガチンコ勝負もめちゃくちゃ楽しいですよ~!

テトラポッドとは商品名なのね。ホッチキスみたいなもんか。

皆さんおなじみのテトラポッド。
魚なとっては身を隠す良い場所でも有りますし、
基本防波堤の周りに設置されてることが多く、周りに捨て石も有ったり、
回遊する魚の目印?にもなったりしてるんでしょうかね?
魚にとってエサも豊富、酸素濃度も高そうで魚影は濃いです。

本来の消波ブロックという名前の通り(テトラポッドは商品名なんやね)
波が良く打ち寄せる場所に設置してある事が多く、
潮の流れも良く、根魚だけで無く色々な魚も集まり、
そしてその魚を捕食する魚も集まり。。
まー。魚がたくさん居るって事ですな。

私は子供の頃テトラの穴釣りが大好きで!
泉州方面のテトラでよくガシラ、メバル、アブラメなど釣ってました。
チヌかかり釣り用の短竿を使い。シラサエビをエサに。
テトラの穴に落として行く釣り方でよく釣りました。

そのテトラでチヌさんが釣れる?それもテトラの前はもちろん、
ガシラなど根魚が釣れるような穴でも。。
最初はちょっと半信半疑やったのですが。。
いざやってみるとホントに釣れる!ガシラなど小型の魚でも楽しい穴釣りが相手はチヌさん!
楽しくないわけがないですね(笑)あっという間にハマりました。

ヘチ釣りにはヘチ釣りの魅力が有り楽しいですし、
目印も最近初挑戦してみたのですが面白いしかなり難しく奥が深そうです。。
でも私がいちばん好きなのは「テトラ前打ち」なのです。。

「テトラ前打ち」の魅力は?

浅い(深い)際穴でグッドなチヌさんが釣れる。
ホントにびっくりするくらい手前の浅い穴にもチヌさん居てる事が有ります。
ここで掛けたら抜けないのでは?と思える小さい穴にも。。
ホントに抜けなかった事も有りますが。。(笑)
逆にどこまで落ちていくねん。。と言うくらい深い穴の奥にもチヌさん居てます。
それもなかなかグッドなサイズのチヌさんが多い。
(あ。年無しさんはあんまり居てないかも??居るけど私がよー釣らんだけかも??)

チヌさんがパワフル!引きが強い!
(これに関してはファイトのスタイルのせいも有るのかな?ですが。。)
餌が豊富なテトラポッドを住処にするチヌさん。
メチャクチャパワフルで綺麗な魚体の個体が多いです。
また竿下の近距離で掛かるのでいきなりお互いフルパワーでファイト始まります。
テトラ奥に引き込まれるとアウトなのでこっちも硬い竿で目一杯のパワー勝負。
ゆえにチヌさんも必死の抵抗を見せるので引きが強く感じるのかな?
と言う思いもあるのですが。。
テトラから引きずり出した後のファイトでも引きが強い個体が多いです。

ハラハラドキドキスリリング。
深い穴で掛けると道糸ズリズリ。。な感覚が手元に伝わってきて。。
無理やり抜くと即ラインブレイクの恐れ。。
テンション緩めてチヌさん止めてゆっくり巻いてみたり。。
ためながらラインの強さを信じゆっくり竿の反発力で浮かせたり。。
そしてここ!と言う所で一気に勝負!
と非常にスリリングなファイトが堪能できます。
基本テトラでは道糸ナイロン4号、ハリスはフロロカーボン3号を使いますが、
それでも切られる時は一瞬一撃です。
フロロは根ズレに強い?ふふふ。果たしてそうかなぁ(笑)

1つのテトラポイントで狙い場所が無数。
地上のテトラの隙間に見える海面、テトラと海面の際、テトラの切れ目、
竿下に見え隠れする沈みテトラ、その前に有る見えない沈みテトラ、
そして底まで積み重なってるテトラの二段目、三段目。
テトラポイント1ヶ所で数種の場所を探れます。
もちろん探るのに時間はかかりますが、
その日のチヌさんのお気に入りな場所見つければ爆釣も夢ではないかも?です。

ひとつのポイントで攻め方が沢山。
手前に有る海面から出てるテトラの穴に落として行く釣り。
竿で届く射程距離にある竿下の穴に落として行く釣り。
糸を出し振り込んで前方の捨石や沈みテトラを狙っていく釣り。
色んな場所を攻めれるのでアタリが無くても飽きにくい?(笑)
また積み方が乱雑なテトラほど移動すればまた違った変化が有って飽きません。

仕掛けが簡単。
道糸にハリスにを結び、ハリスに針を結び、ハリスにガン玉を打つ。
これだけのシンプルな仕掛けで釣ることが出来ます。
そしてエサの現地調達も可能。
イガイやミジガイ、カニやフジツボなど現地または現地近くの浜や波止での採取も可能です。
冬季に役立つ青コガネ等はエサ屋さんで買うしかないですけどね。。

警戒心が薄い。
テトラと言う障害物が遮蔽物となる故にチヌさんの警戒心も和らぐのでしょう。
垂直壁のポイントほど忍者にならなくても良いです。
もちろんスケスケ潮ベタベタ凪では忍者ですが。
濁り有り水面バチャバチャの時は真昼間に
短いハリスが馴染む位(水面下30cm位)で食って来た事もあります。

真冬も!一年中釣れます。
盛期はモチロン。真冬の極寒テトラでも釣れます。
チヌさんも真冬なら深場での越冬に向けて大きな移動をするタイプや、
近所をウロウロ回遊するタイプ。
テトラ近辺で1年中過ごすタイプ。
色んな行動パターンの個体が居ると思うのです。
こんな寒いのに釣れるのかな?海大荒れやん!て日でも釣果は付いて来ました!
むしろ暖かくても産卵後などでしたら真冬の方が良く釣れる?かもしれません。
モチロン冬には冬の仕掛けやエサや釣り方が有りますが。。

獲れた時の達成感。
これはもうメチャクチャかなり有ります(笑)
リスクの高い釣り場(パイル、スリット、ハング等)ではそうなのですが、
テトラはさらにスリリング。ゴリゴリのパワー勝負に勝って、
タモ入れ成功した暁の達成感と高揚感はたまりません(笑)

「テトラ前打ち」の難点は?

足場の悪さ。
もうデメリットはこれに尽きるかも。低く小型の整然と積まれたテトラ帯はまだしも、
大型の高く積んであるテトラ帯や、積み方が乱雑なテトラは更に危険です。
しっかり安全対策をして、落ち着いて移動を心掛けて注意を払えば良いのですが、
それでもテトラの登り降りや移動で疲れてきた時などは要注意です。
実は私もコケて肘を縫うほどの。。そして竿をポキッとな!しましたし。。
勿論ライフジャケットは必須アイテム。
足元はハイパーVソール搭載シューズで。
ハイパーVソールに関しては
これが無いとテトラには行くな!と断言しても良い位のシューズです。
私もこれを履く前は正直その実力を舐めてました(笑)そして転倒。。
遅かりしもその後手に入れたのですが、最初に手に入れておけば。。
と後悔したアイテムです。

昔波乗りを少しだけやってたのですが、
沖のテトラ堤に飲まれて大怪我したサーファーの例も聞いたこと有りますし、
釣り人がテトラの隙間に落ちての死亡事故なども聞いたことあります。
安全対策にはやりすぎは無いですよね。

ラインブレイクの多さ。
これはある程度ラインの選択と技術で回避出来るでしょうが、
切れる時は何をしようが何を使おうが一瞬一撃だと思います。
やはり垂直壁での落とし込みに比べると段違いに多いです。

根掛かり、仕掛けの交換が多発。
1尾獲るとハリスボロボロ道糸ササクレは普通です。
モチロン根掛かりも多発。
(根掛かり=良い穴に仕掛けが入ってる証拠でも有るのでしょうが)
針、ハリスの結び直しは正直、めんどくさいです。。
でもこれを怠ると。。必ず後悔します(笑)
ここはポジティブシンキングで。。針結びはメチャ上達します(笑)

落としにくい。アタリが取りにくい。
テトラが複雑に組み合わさってるので穴は下に真っ直ぐではない事が多く、
ましてや潮が良く動いている時などは、
潮の流れも複雑で慣れるまでは仕掛けをなかなか落としにくいです。
慣れるまではチヌさんが待ってるテトラの奥までエサを届けるのも結構難しいかも?
落として行くとエサがテトラの上に落ちる~そのたびにイトフケがでる。
そのタイミングでチヌさん食いついてても糸がフケてる為にアタリが分からないとか。
そしてエサがカニさんの時なんかはカニさんテトラにしがみ付きまくり(笑)
私も最初はアタリに気付かずカニグシャを連発してました。

ファイトの技術が必要。
偉そうに(笑)私はヘタクソなのでバラシまくりですよ。

ファイトを楽しめない。
障害物の無い垂直壁などでしたら、チヌさんの強い引きを楽しむ!
なんて余裕も生まれますが、なんせテトラは障害物だらけ(笑)
穴からチヌさんを浮かせる、そしてテトラから離す事に集中します。
チヌさんを引きずり出した後も回りには沈みテトラや捨石などが多く、
ラインブレイクの不安は最後まで付きまといます。
ましてやラインがズリズリとテトラに擦れる感触を味わった後なら。。
そのヒリヒリしたスリル満点なファイトがドキドキで面白いですし、
獲った時の感激は最高なんですけどね。。

チヌさんに迷惑がかかる。
ラインブレイクの多さ。。はいそうです。
口に針ピアスを着けたチヌさんをリリースしてしまいます。。

疲れる。
テトラの上での移動は慣れるまでなかなかハードです。。
ここもポジティブシンキングで。足腰はかなり鍛えられます(笑)

ざっくりと書いてきましたがこんな感じでしょうか。。
また気がつけば追記して行きます。

さあ!貴方のご感想は?

私感ですが「テトラ前打ち」の魅力と難点を書いて見ました。
正直に書いたつもりです。。

面白そうやな、やってみよかな~?
言うほど面白くなさそうやな~。
そう!面白いよな~!
そうか~?そんな面白いか~?

感想は色々だと思います。
「テトラ前打ち」
経験済みの方も未経験の方も。
よろしければ騙されたと思って1度テトラへ。
騙されたらごめんやけどね(笑)

最後にもう1度。

安全対策にやり過ぎは御座いません!

おわり

予告。

次回~!押忍!テトリストォ~!

テトラでのタックル。釣り方など書いてみようかな~。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする