初神戸沖堤は5防こと第5防波堤。ゴボーはボーボー?ボーボー下のチヌさんを獲れ!の巻。

まいどです!
のっけから変なタイトルですんません。

とある日曜日。朝から仲間の釣りバカ日誌共がこぞって沖提に行ってると言うことで、
仕事終わってから参戦してきました。

またまた釣りに必死で写真も無いですし
貧果、そして時間が経ちすぎてるので超手抜き記事です。。。

よろしければどうぞ。

神戸渡船名物

本日は日曜日。釣り仲間たちはアサイチ便で渡ってますが、
私は仕事のため遅れて10時の便で神戸第5防波堤通称5防に渡りました。

仕事してる間にも景気の良いツイートが。。。

やる気も起きるものの。。潮周りは午後からイマイチ。

でも初めての場所はワクワクやね。。

時間ギリギリに神戸渡船乗り場に到着。

神戸渡船名物おじさんに丁寧に案内して頂き。
気合入れながら出船!

のんびり船に揺られる間も無く5防に到着。。近!
アサイチ先着メンバーは兄貴ロレヤンよーへーさん、そして始めましての豆太郎さん。
よーへーさんと豆太郎さんはお昼で上がり予定。

拙者、初めての場所に舞い上がり奉り早漏。もとい候

早速準備をして落としていきます。。
今日はヘチリスト餌は青コガネ。アサイチはチヌさん浮いてたけど
今アタリは底だと聞き、
ゆっくり落とす~刻む~ステイ~底ステイを繰り返し、
50メートルほど落としながら進んだところで
糸をフケさせて底にステイした青コガネをゆっくり聞いてみると。。
グッと魚感!食うてる!

オリャ!

が、すぐにニュルンとした感触で軽くなり。。
ハイ焦って早アワセすぎ。。舞い上がりすぎ。。
傷だらけの青コガネ君お帰りあそばせ。

それからも外向き内向きどんどん落として行きますが渋い感じ。。
たまに聞いた時にコン!とアタルもののそこから食い込まない。。
うぬぬ。厳しいがしかしチヌさんは居てる。

そうこうしてる間に12時。昼まで組は上がっていきました。。。

I’ll be back…と呟きながら(嘘)

アテンションプリーズ!ノーテンション釣法

よーへーさん、豆太郎さんの無念を晴らすべく、
落とす~底ステイ~聞く~移動を繰り返し、
タモ入らんような台船と防波堤の隙間にも落とします。。
取り込みは掛けてから考えよう(笑)

そして何個目かの台船と防波堤の間で底ステイ~聞いてみると。。。

ククッ!

食うてる!

待って待って

オリャ!

乗った!!

きゅいーん!

おー!軽めやけど元気ええな!おわ!台船の下に突っ込んでく!
しゃがみ込んで手を伸ばし竿を海中に突っ込みながら耐えます。。
が止まらない向き変わらない。。
糸が台船に擦れる感触が。。やべー。。
無理やり寄せようとするとチヌさんも必死で抵抗して走る!

このままやと絶対切れる。。とその時有る方法をふと思い出し。。
どうせバレるなら!と。。スプールを逆回転にはじき糸を出す!!
すると。。

しゅーん。。

チヌさんもステイ。。(笑)

この方法はとある深めのテトラで落としている時。
竿を高く持ち上げて落とし始めハリスが馴染む間も無く食って来て。
竿は高々天を向きアワセも入れれない。
その時にイチかバチか竿を下げリールを弾いてイトフケを巻いて、
さー行くぞ!と思うもチヌさん感が無い。。
あれ?バレタかな?グッと竿を立てるとギューン!
チヌさん態勢整うまで待っててくれた?ジェントルメンや!(笑)
見たいな出来事が過去有りまして、それをヒントに。
急にテンション無くなるとチヌさんもアレ??ん??状態なのかなと(笑)

そしてそれが大成功(笑)
チヌさん止まった隙にジリジリゆっくりリールを巻き巻き、
立ち上がり体制整えて。。ふんっ!一気に寄せる!浮かす!
後はタモインだけやー。。と思ってると。。

ギュイーン!

と音を立てて台船が防波堤に迫ってくる(笑)
第二の危機やベー(笑)

ぼよ~ん

緩衝材のタイヤに弾かれまた台船が防波堤から離れて行き事なきを得ました。。

そして無事タモイン。

チビちゃんながらも元気一杯のファイターでした!

その後も意気揚々と落として歩き回るも。。
食い込まないアタリが。。そのアタリも減り。。無くなり。。
青コガネ君もニョロニョロ元気なまま。。

納竿。

修行やね(笑)

何がボーボー??

外向きになんかの海草がボーボーやった。そんだけ。すまん。

本日の武装

ロッド ダイワ BJスナイパー落し込み T-35TLM

リール クーブランド カブト

道糸 サンライン 落とし込みMARK-WIN 2号

ハリス 東レ スーパーLハード1.5号

錘 ガン玉 B〜4B

針 がまかつ チヌR2号

餌 青コガネ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする